mogumo

ストーリー

ゆとりが生む優しさを届けたい
多くの親御さんが、子どもの食事に悩みを抱えながら過ごしています。お子様によって、食べる量も好き嫌いも違います。 各ご家庭によって、食事の準備にかけられる時間や、親御さんの置かれている状況も全く異なります。

子育てと向き合いながら毎日を過ごしている親御さん達に、「ゆとりが生む優しさ」を届けたい。mogumoは、そんな想いから誕生しました。

メッセージ

私自身、2歳の娘を育てている父親です。
我が家では娘の食べ過ぎに悩んでおり、幼児期の食事で悩んでいるのはうちだけかな?
と思い、周りの親御さんに聞いてみたところ、幼児食に困っている人がたくさんいることを知りました。

「栄養を考えて作っても好きなものしか食べてくれない」
「体調が悪くて買い出しにいけない」
「毎日同じような献立になってしまう」
「副菜まで作る時間がない」
「今日は疲れててごはん作るのがめんどう」

など、様々な生の声をたくさん聞いてきました。

mogumoでは各ご家庭の悩みと向き合い、
幼児を育てる親御様の手助けになればと
願っております。

みなさまには実際に軽減された時間や労力の数倍”いつでも休める”という安心感を感じていただけますように。

そんな想いを込めて、ブランドに共感して頂いた皆さまと一緒にmogumoブランドを育てていきたいと思います。

代表取締役
黒瀬 優作